01head

OUR WRITER

子どもが教える学校事務局

子どもが教える学校事務局

子どもが教える学校の活動の様子や今後のイベント情報などをお届けします!

鈴木深雪/校長

鈴木深雪/校長

子どもが教える学校の主宰および校長。小学2年生男子を子育て中の働く母。子育てを通して学んだ「子どもが大人に最大の学びをくれる存在」という思いと、コロナ休校中の子ども達への思いが合致し、本プロジェクトを2020年3月に立上げ。全体企画とともに、子ども先生への「プレゼンテーションの授業」や思いを引き出し言葉にしていく「ワークショップ全般」を担当。
大手印刷会社での16年間での商品企画の経験をもとに、クライアントの頭の中を整理する「ヒモ解き」という屋号での事業も展開中。

塚田志乃/おかん

塚田志乃/おかん

子どもが教える学校の運営をする通称オカン。
中3の双子と小6の3人の娘をもつ母。
1期のプレゼンを視聴し、2期には双子が子ども先生として参加。完全にオカンの♡に火がつき、運営として関わる。感動やすく、すぐに涙する熱いオカン。「今のままの自分でいいねんで!そのままでいい!むしろそのままがいいねん!」ってことを子ども達に伝えたく、陰ながらこの学校を支える。
アイデアをカタチにし、想いを叶える伴走サービス「VANSO」を展開中

福井優花/ねえさん

福井優花/ねえさん

専門学校2年生、大学3年次編入を目指して現在卒業論文を書くために教育学を独学中。
子どもの学校には1期から参加。子どもから新しい視点をもらい、また子どもたちが自分が好きなことを楽しそうに話している姿を見て素晴らしい居場所だと感じ、学校内のイベントなどの企画も担当。
教育学には強い興味があり、自身が中学生の時に人間関係に苦労したことから、学校制度に疑問を持って現在では自由教育と平等教育はどのように成り立つべきかを日夜研究中。

concept

子どもが教える学校は、
活動に込めた思い、これまでの活動実績や授業の様子を
みなさんにお届けするオウンドメディア
子どもが教える学校通信を運営しています。